« リトル・チルドレン | トップページ | アンフェア the movie »

2007年8月29日 (水)

ダイ・ハード4.0

Live_free_or_die_hard スケールがでっかくなって帰ってきたよ!

■あらすじ■

アメリカ独立記念日の前夜。
ワシントンDCのFBI本部に、何者かが全米のあらゆるインフラを監視するシステムに対してハッキングを仕掛けてきたとの情報が入る。
そこで、ブラックリストに載ったハッカーたちの一斉捜査が開始される。

その頃、ニューヨーク市警統合テロ対策班のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)警部補は、久しく顔を見ていない娘ルーシー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に会うため、ニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。
しかし、意に反してルーシーの冷たい対応に気落ちするマクレーン。

おまけに、たまたまそこにいたばかりに、上司から近くに住むマット(ジャスティン・ロング)というハッカーをFBI本部まで連行せよ、とのヤボ用まで仰せつかるハメに。
不承不承マットのアパートへと向かうマクレーンだったが、それは、またもや始まる不運の序章にすぎなかった・・・。

(2007/アメリカ) ★★★

-----------------------------

不屈の男、ジョン・マクレーン。
今作では不死身の男、ジョン・マクレーンってなカンジでした。
何回、身体張って命拾いしているんだか(笑)。

3作目から12年もの月日が経っているって言うのにも驚きですが、
今更続編を作ってしまうハリウッドのネタ切れより、何とか観客の期待に応えようと奮闘したであろうキャスト以下、スタッフの心意気が伝わってきたので、そこはねぎらってあげたいですね。

でも、現水準に合わせた結果、視覚効果をバンバン使って大層な映画になってます。
あまりにスケールばかりが大きくなって、もはや内容はどうでもいい感じでした。

犯人たちのやっていることはもとより、麻痺した通信手段の中で何が使えて何が使えないのかサッパリ分からないんだもの。
その辺はハッカー青年のマットが詳しいのでお任せ状態でした。

でも、実際に起こるかもしれないことをシュミレーションしたかのような映画で、作りこみは凄かったです!
さすが、ハリウッド!!

マイ役のマギーQはヒロインじゃなくて、悪女役だったのが意外でした。
忍者なんだかカンフーの使い手なんだか、よく分からないけど、
忍者とカンフー、全然違うものだよね。
混同されてる気がします。。。

マクレーン警部補とお供するハッカー青年の凸凹コンビは映画の基本だけど、対する悪役ガブリエル(ティモシー・オリファント)が やっていることの割りに小物なカンジがしてどうもね。。。
もう少しカリスマ性があると良かったな。

|

« リトル・チルドレン | トップページ | アンフェア the movie »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

今晩は!
シリーズ4作目ということでさすがにパワーダウンかなと思いながら
鑑賞したらなかなかどうして面白かったです。
特に今回は娘さんが魅力的でしたね、しゃべり方行動をみても
やっぱり「マクレーン」だなと思えて思わずニンマリします。
映画の中できっちり時間が流れているのが凄く分かってよかったです
マクレーンもいつのまにやらベテランオールドデカになっちゃってますね

投稿: せつら | 2007年11月11日 (日) 21時14分

>せつらさん

こんばんは!
コメントありがとうございます。

そうですね。
前作からだいぶ月日が経っていることもあって、見る前はどんな仕上がりか少し不安でしたが、迫力あるシーンが多かったですよね!
(離婚した)奥さんではなく、娘がキーパーソンになって登場してきたことも、年月を感じさせました。

時間が空いたシリーズ4作目というと、来年は「インディ・ジョーンズ4」もありますよね~。
ハリソン・フォードは、どうでしょう?
「インディ~」シリーズは大好きなので、期待と不安が入り混じって、かなり複雑な気分です。。。

投稿: 双葉 | 2007年11月12日 (月) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/16278152

この記事へのトラックバック一覧です: ダイ・ハード4.0:

» 映画「ダイ・ハード4.0」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Live Free or Die Hard 3で途切れていたダイハードシリーズに久々4が登場、既に5の製作も決まっているようだ。敵はサイバーテロだが今度もアクションが見所で間違いない・・・ 家庭の崩壊、娘は口もきいてくれない、今度こそ幸せは訪れるのか、娘の愛は取り戻せる... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 01時52分

« リトル・チルドレン | トップページ | アンフェア the movie »