« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月27日 (木)

めがね

Negame 中途半端にタソガレる。。。

■あらすじ■

まだ春の浅い南の小さな海辺の町。
空港に一機のプロペラ機が着陸し、小さなバッグを手にタラップをメガネの女性、サクラ(もたいまさこ)が降りてくる。

同じ飛行機からもう一人降りてきたのは、タエコ(小林聡美)。
大きなトランクを引きずりながら、地図を片手に旅の宿となる「ハマダ」を目指す。

たどり着いた「ハマダ」では、主人のユージ(光石研)と犬のコージに出迎えてもらうが、ユージは早々に出かけてしまいタエコは一人取り残される。

翌朝、寝ていたタエコは、足元にたたずむ常連客サクラの唐突な朝の挨拶に度肝を抜かれる。
その後も、毎朝浜辺で行われる「メルシー体操」、近所でぶらついている高校教師のハルナ(市川実日子)、笑顔でカキ氷を振舞うサクラ・・・などなど。
彼らのマイペースさに耐え切れないタエコは、ハマダを出て、町でもうひとつの民宿「マリン・パレス」に移ろうとするが・・・。

(2007/日本) ★★★

-----------------------------

「バーバー吉野」「恋は五・七・五!」「かもめ食堂」と、何気に荻上直子監督作を全作観ていたりする私です。

前回の「かもめ食堂」が大ヒットしたからなのか、単館系の匂いをプンプンさせながら、近くのシネコンで上映してたので観てきました。

しかし、なんだかなぁ。。。

前回の「かもめ食堂」と比較してはいけないのだろうけど、主演が小林聡美だし、どうしても比べてしまいます。

それに、ストーリーに何も起こらない上、登場人物が正体不明だったりして、
よく分からない、なんだかスッキリしない気持ちが残りました。

一体、何の映画だったんだろうと・・・。

「かもめ食堂」の主人公はフィンランドで食堂を経営している女性が主人公で、お客が来なくても何とかなる!とポジティブな考えの持ち主。
だから、そこにフラフラと謎の旅行客が居ついても、一本筋の通った主人公の姿勢に安心感を感じてホッとできた。

「めがね」の主人公は、職業も不明なら、旅の動機も曖昧。
ただ、携帯の通じないところに行きたかったと言うだけで、南の島にひょっこりやって来る。
何故?
何かから逃げ出したいのか。リフレッシュしたいのか。リセットしたいのか。

観客の疑問をハルナがぶつけるけど、明確な答えは出ずに はぐらかされてばかり。
ヨモギくん(加瀬亮)が登場すると、タエコを「先生」と呼んだりするので、タエコは作家なのかなーって思ったりしましたが、結局、最後まで何者なのかが分かりませんでした。

タエコ、サクラ、ユージ、ハルナ、ヨモギ。
この5人の中でハッキリしてるのは、ユージが民宿の主で、ハルナが高校の生物の先生だってことだけ。

あまりにも情報量が少なすぎて、結局誰にも感情移入できずに、気持ちがいいのは劇中の人物だけと言う“独りよがり”の一歩手前って感じがします。

印象的だったのは、主人公のタエコがスーツケースを捨てて「ハマダ」に戻るシーンです。
スーツケースは現代社会における余分なものの象徴みたいに見えました。

前半では頑なだったタエコは、スーツケースを捨てて変わり始めます。

でも、その主人公の心変わりくらいしか映画のストーリーがないので、物足りないと言うか、手応えがないというか、面白くないのです。

「たそがれ」を映画にするのは、やっぱり難しいのかなー。

と、酷評気味ですけど、良かったのは謎の女性サクラを演じたもたいまさこさん。
この人のオーラがあってこそ、サクラが存在しえたと言っても過言ではないです。

そして、「ハマダ」のオーナーであるユージを演じた光石研さんも良かったです。
お客さん以上、友達未満の適度な距離のとり方がステキでした。
こんな民宿なら泊まってみたいかも!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年9月19日 (水)

デス・プルーフ in グラインドハウス

Grind_house_death_proof ゆるゆると身を任せてみたら・・・

■あらすじ■

テキサス州の田舎町。
人気DJのジャングル・ジュリア(シドニー・ターミア・ポワチエ)は、友人のシャナ(ジョーダン・ラッド)とアーリーン(ヴァネッサ・フェルリト)と一緒に街へ繰り出す。

お気に入りのバー、グエロスからテキサス・チリ・パーラーへとハシゴする彼女たちを、ドクロマークが付いた不気味なシボレーを乗り回す謎の中年男、スタントマン・マイク(カート・ラッセル)が秘かにつけ回していた・・・。

14ヵ月後のテネシー州のとある町。
映画撮影に携わっているスタントウーマンのキム(トレイシー・トムズ)とゾーイ(ゾーイ・ベル)、メイク係のアバナシー(ロザリオ・ドーソン)、新進女優のリー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)たち4人は、ぽっかり明いたスケジュールを有意義に過ごそうと計画。

ゾーイの希望で、映画『バニシング・ポイント』に出てきた70年代型のダッジ・チャレンジャーを試乗をすることになる。

しかし、そんな彼女たちにマイクが目をつけ・・・。

(2007/アメリカ) ★★★☆

-----------------------------

女の子のくだらないお喋りが延々と続くオープニング。
やっとこさ怪しげな男、スタントマン・マイクが登場!
だからと言ってどうなる訳でもない。

クエンティン・タランティーノ監督作品なので鑑賞してみましたが、途中で内容を追いかけるのを止めて、劇中のぬるま湯にどっぷり浸かることにしました。

だって一向に何も始まらないんだもの(笑)。

クエンティン・タランティーノがマスターを演じているテキサス・チリ・パーラーでは、怪しげな男スタントマン・マイクも店内に入ってきて、自分はスタントマンだ、マスターとも顔なじみだぜ、と正体を明かして見せたりする。
それでも充分、怪しいけどね。

アーリーンがラップダンスを踊るシーンはセクシーに、
その後訪れるクラッシャーシーンはグロく。
そもそものコンセプトであるグラインドハウス系の映画がどんなものなのか分からないけど、とりあえずエログロは入れとけ!みたいな、そんなノリ?(笑)

スタントマンのくせに殺人鬼ってのも意味不明だったけど、一応 事故を調査する警察官がスタントマン・マイクの動機を解説してくれる丁寧ぶりに納得。
ふふーん。 
ちょっと変人、と言うより変態?
14ヵ月後にまたしても登場するスタントマン・マイクは、相変わらずイッちゃてるのだ。

ところが、標的にされたガールズたちも負けず劣らず変わり者。
特にゾーイは、ただダッジ・チャレンジャーに試乗するだけでなく、車のボンネットに乗り移りスタントライドを楽しむツワモノ!

そこにスタントマン・マイクが襲い掛かるから、本当にヒヤヒヤする。
見ているだけでも怖いのに、実際に乗ってたゾーイ・ベルはすごいっ!
この人「キル・ビル」ではユマ・サーマンのスタントを演じてたりする、本物のスタントさんなのね~。

ハラハラした後は、スッキリ爽快。
ガールズパワーで映画が締めくくられ、痛快気分が味わえたのでした。
これは、もう、映画に身を任せたからこそ味わえたのだと思う~。
理性的に観たらダメです!きっと。

チアリーダーの格好をしたリーの出番が思いのほか少なかったのは残念でした。
日本版のチラシだと、彼女が大活躍するのかと思うよね。

◆アメリカでは、ロバート・ロドリゲス監督の「プラネット・テラー in グラインドハウス」と2本立てで公開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

ミス・ポター

Miss_potter ピーターラビットの生みの親。

■あらすじ■

舞台は1902年のロンドン。
世の中には、まだヴィクトリア王朝時代の封建的な風潮が残り、上流階級の女性が仕事を持つなど考えられなかった。

そんな中、裕福な家庭に育った32歳の独身女性ビアトリクス・ポター(レニー・ゼルウィガー)は、幼少の頃に湖水地方で出逢った動物たちを主人公にした絵本を出版したいと考えていた。

そしてある日、フレデリック・ウォーン社から出版の約束を取り付ける。
ビアトリクスの担当になったのは、経営者の弟で新入り編集者のノーマン(ユアン・マクレガー)。

青い上着を羽織ったうさぎのピーターを主人公にした物語に、ノーマンはたちまち魅了され、2人は出版へ向け全力を尽くす。

出版されるや否や、その“ピーターラビットのおはなし”はベストセラーとなり、シリーズ化される。

次第に惹かれあうようになる2人は結婚を決意するが、ビアトリクスの両親は身分違いの結婚を許さず・・・。

(2006/イギリス・アメリカ) ★★★

-----------------------------

「恋は邪魔者」でも共演していた レニー・ゼルウィガーと、ユアン・マクレガーの組み合わせ。
一応“伝記物”なのに作品のテイストはあくまでも軽やか。

それは、ビアトリクス・ポターの半生を描きながらも、ビアトリクスの幸せに焦点を当てている映画であって、
演じるレニーゼルウィガーがビアトリクス・ポターにどれだけ似ているかという映画ではないからでしょう。

友達は絵の中の動物たちだけだったり、自分の描いた絵に話しかけたり、普通に考えるとちょっと淋しい人?に思えちゃうけど、映画では朗らかな人柄に才能豊かなイマジネーションの持ち主として描かれていました。

上流階級においても、家の中においても、ビアトリクスの理解者はおらず、ノーマンやノーマンの姉のミリー(エミリー・ワトソン)に出会ったことは なんと心強かったことかと思います。

ノーマンとの身分違いの恋がメインなので、目新しいエピソード
はあんまりなく、93分と非常にコンパクトにそつなくまとめられていました。

しかし、レニー・ゼルウィガーとユアン・マクレガーが出ているんだものと、もう少し欲張りになる気持ちも自然ですよね。

うさぎの馬車とか、カエル君とか、
ビアトリクスが描いたイラストがアニメーションを使って動いたりするのは、可愛かったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

レイヤー・ケーキ

Layer_cake 名前が出ないからって何なのよ?

■あらすじ■

麻薬ディーラーとしてロンドンの裏社会を着実に駆け上ってきた一人の男XXXX(ダニエル・クレイグ)。
彼はみずからのルールに従い、稼業が好調なうちにこの世界から足を洗おうと決意していた。

そんな矢先、ボスのジミー・プライス(ケネス・クラナム)から新たな仕事の依頼が舞い込む。
それは、大物エディ・テンプル(マイケル・ガンボン)の娘を探し出すこと。
そして、ギャングのデューク(ジェイミー・フォアマン)が手に入れた大量のエクスタシーを売り捌くというもの。

どちらも簡単に片づくと思いきや、エディの娘はなかなか見つからず、エクスタシーにいたっては超訳アリのブツだったため、XXXXはいつの間にか殺し屋に狙われるハメに陥ってしまう・・・。

(2004/イギリス) ★★

-----------------------------

今作は、「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」や「スナッチ」のプロデューサーを務めたマシュー・ヴォーンの監督デビュー作なんだそうな。

やたら登場人物が多くて、その関係が入り組んでいるところは、「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」っぽいですね~。
というより、こういう作品を目指したんだろうな。
でも、「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」みたいな痛快さは残念ながら無かったです。

まあ、初監督作品だし、こんなものですかね。

登場人物がやたら多いので、ストーリーを追いかけるのがちょっと大変でした。
最初はナレーションばかりだし。。。
アイロンが登場してから、ようやくストーリーが回り始めて、面白くなってきたかな。
でも、それ以上面白くならなかったけど。

タイトルの「レイヤー・ケーキ=階層社会」もハッキリ見えてこなくて残念です。
だって、なんだかんだ言って頂点にいるのは、エディ・テンプルではなく麻薬製造しているディーラーなのに、一端のチンピラに麻薬を盗まれちゃうなんて説得力無さ過ぎだもの。
首を差し出してお咎めなしなのも、あま~い!って思うし。

それに加え、死人が出過ぎる点もマイナスでした。
死人が出るたびに話が大きくなって行っちゃうけど、そんなに大きくするような話でもない気がします。
銃が嫌いなら最後までクリーンな姿勢を貫き通しても良かったと思う。

けど007もどきのシーンもあったりして、もしかして このシーンがジェームズ・ボンドのキャスティングで参考にされていたりして・・・なんて思ったりしちゃった。

ダニエル・クレイグが一目惚れする美女タミー役でシエナ・ミラーが出てますが、あんまり出番は無かったです。

個人的に目を引いたのは、シドニー役のベン・ウィショー
パフューム ある人殺しの物語」で主役を演じていた彼です。
小動物みたいで可愛い人だよね(笑)。

ダニエル・クレイグの役名はXXXXになっているけど、これは劇中XXXXって表記されるわけでも、ピー音が入るわけでもなく、ただ単に名前が呼ばれないだけ。
だからエンドロールの“Cast”のところもXXXXってなってる。

小説では主人公が名前を持たないことってよくあるし、それを映画でやってみましたってカンジなのかな。
だから何?って気もするけど。

ちなみに、この監督さんの次回作は「スターダスト」だそうです。
ロバート・デ・ニーロが出るし、ファンタジー作品ってことで期待してたんだけど、期待から不安に変わりました。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

ファンタスティック・フォー:銀河の危機

Fantastic_four_rise_of_the_silver_s ファンタスティックな活躍が見たいぞ。

■あらすじ■

ある日、謎の巨大エネルギー体が彗星のような閃光となって地球に飛来する。
そのエネルギー体が通過した世界中の各地域では、次々と怪現象が発生していた。

そんな中、巷では“ファンタスティック・フォー”のリード(ヨアン・グリフィズ)とスー(ジェシカ・アルバ)が結婚するという話題で持ちきり。
しかし結婚式当日、例のエネルギー体がニューヨークに出現する。

謎のエネルギー体は 銀色のボードを駆る人型の姿をしていることから“シルバーサーファー(声:ローレンス・フィッシュバーン)”と名付けられ、リードたちは謎の解明に奔走する。

やがて、シルバーサーファーが現われた星は、いずれも8日以内に滅びていることが判明。
さらに、この一件に、かつてファンタスティック・フォーに捕らえられたはずの宿敵Dr.ドゥーム(ジュリアン・マクマホン)まで関わってきて・・・。

(2007/アメリカ) ★☆

-----------------------------

前作「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」は見てないのですが、折角 試写会が当たったので見てきました!

予備知識が無くても何とかなるカンジでしたけど、宿敵Dr.ドゥームに関しては、前作を観てないので「あなた誰?」ってカンジでした。
でも、ファンタスティック・フォーの宿敵らしいぞ。前作で捕らえられたらしいぞ。ってことは伝わってきました。

けれど、今回の準主役とも言うべき登場人物は“シルバーサーファー”。
原作コミックでは非常に人気のあるキャラクターなのだそうですが・・・私的にはその魅力がイマイチ分からなかったのでした。

宇宙生命体なのに、なんで人間の姿をしているのかも突っ込みたいところだけど、
そのシルバーサーファーとご主人様の姿の差が激しいことと言ったら無い。
良く分からない仕従関係の上に、家族問題まで絡まって、無機質っぽかったシルバーサーファーが最後は人間臭くなっていくお決まりの展開。
無機質は無機質のままでも良かったけどね。
圧倒的に強かったし。

ところで今回、ファンタスティック・メンバーの活躍が非常に少なかった気がしたのですが、こんなものでいいのでしょうか?

シルバーサーファーと応戦したことで特異体質になってしまったジョニー(クリス・エヴァンス)の苦悩と奮闘、はたまたファンタスティック・フォー解散の危機!?を絡めてコンパクトにまとめてたけど、物足りなさがありました。
全体的に作りが軽いんだもの。
その辺りは、原作がアメコミだから仕方がないのかな。。。

あと、駿河湾(後ろには富士山が!)が登場するのは良しとして、ラストの結婚式は なんだかチグハグな印象でした。
スー(ジェシカ・アルバ)の衣装を見て、最初は中国で挙式するのね!って思ったんだけど、後ろを見ると着物姿の女性たちに満開の桜・・・。
えっ?日本ですか??

日本向けサービスなのは嬉しいけど、妙な違和感が。。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2007年9月 5日 (水)

シッコ

Sicko アメリカで怪我したばかりに・・・

■あらすじ■

アメリカは先進国の中では唯一、公的な国民皆保険制度を持たない国。
そのため国民の健康保険の大半は民間の保険会社に委ねられている。
しかし、高い保険料などが障壁となって、約4700万人の国民が無保険の状態にある。

ところが映画では、保険料を払っている人たちを取り上げる。

営利を追求する民間企業が保険会社を運営しているために、高い保険料を払って健康保険に加入している大多数のアメリカ国民に深刻な影響を与えているのだ。

また、国民全員が無料で医療が受けられる健康皆保険のあるカナダ、イギリス、フランスをリポート。
そこでの医療制度の充実ぶりを報告する。

さらには9・11でレスキュー活動に携わったことで疾患を抱えることになった救助隊員のお粗末な治療に対し、イラク戦争の捕虜としてグアンタナモに収容されているテロリストの方がずっと高度な医療を受けていることを暴露。

ムーア監督は救助隊員たちを引き連れ、ある行動に出るが・・・。

(2007/アメリカ) ★★★

-----------------------------

「ボウリング・フォー・コロンバイン」では、コロンバイン高校の銃乱射事件を題材にアメリカ銃社会を取り上げ、
「華氏911」では、強烈なブッシュ批判を繰り返したマイケル・ムーア監督。
今度はアメリカの医療保険問題にメスを入れます。

医療を取り上げるなら、己自身も健康であらねばと20Kgの減量に成功したらしいのですが、あんまり痩せた印象が無かったです(笑)。

ところで、アメリカには公的医療制度が無いって初めて知りました。
医療費を保険でカバーするために、ほとんどの人が高い保険料を払っているにもかかわらず、それでも医療費を払いきれずに破産に追い込まれる人がいたり・・・。
アメリカで怪我したばかりに高額の医療費を請求されることになったカナダ人がいたり・・・。

カナダに住むムーアの親戚がアメリカに行きたがらないのも分かる(笑)。

そんなカナダは医療費が無料!
助け合いの精神でみんなの税金で医療費を賄っている。

飛んでイギリスでは入院費が無料だし、出産にもお金はかからない。
フランスに至っては引越し休暇や政府の子育て支援に驚くばかり。

ムーア監督のいつもの毒舌は鳴りを潜めて「うそだろ!?」を連発してました。
その顔からも映画からも健康皆保険への憧れが強く滲み出てましたけど、私も医療費が無料なのはいいな~って思った!
特にフランスへの憧れが募りました!(笑)

しかし、健康皆保険への羨望が強くて、そこにある問題点まで踏み込んでいなかったです。
どこまで健康皆保険が万能なのかはちょっと疑問だけど、アメリカの医療制度よりマシってことかな。

保険会社の最終兵器として登場する必殺仕事人のあくどい仕事ぶりや、医療費を払えない病人をホームレス保護センター前に捨てているのは、見ていて怖くなりました。
ありそうなことだけど、本当にやっているとは・・・。

後半の9・11救助隊員が出てくるあたりから、キューバへ向かう筋書きというか映画の意図が透けて見えます。
なので、その辺はドキュメンタリー作品なんだけど、ドキュメントしてない感じですね。
けど、マイケル・ムーアの作品はいつも彼の主張ありきですものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

アンフェア the movie

Unfair_the_movie 人間関係だけでドンデン返し!

■あらすじ■

警視庁公安部総務課に異動した警部補・雪平(篠原涼子)は、警察内部の不正が書かれているという極秘文書を探っていた。

そんなある日、自宅の駐車場で車が爆発し、娘の美央(向井地美音)が大怪我を負ってしまう。
警察病院に搬送された娘を見届け、そこをあとにする雪平。

だが、その直後、病院は謎のテロリスト集団に占拠されてしまう。
彼らは、“警察庁が機密費を不正流用してプールした裏金80億円を2時間以内に用意せよ”と要求、さらにこの時来院中だった警察庁長官も人質となってしまう。

警察側は長官救出を最優先としてSAT(テロ対策特殊部隊)の突入を決断。
一方、雪平は事件に巻き込まれた娘を救い出そうと行動を起こすのだが・・・。

(2007/日本) ☆

-----------------------------

ドラマは見ていませんが、ひどい映画でした。
これは2時間ドラマのレベルなんじゃないですか??
お金もかけていないし、脚本もお粗末。

そんなにドンデン返しものがやりたいなら、ちゃんとした伏線を張ってください!!

伏線も何も無く、実はこの人とこの人は裏でつながっていて・・・なんて出てきても、見ていてちっとも面白くないのです。
それが何度も繰り返されるのだから、たまったものじゃない。

裏切りに続く裏切りの連続なので、登場人物も薄っぺらく感じられました。
戸田(成宮寛貴)なんて、思い切り捨て駒・・・。
必要なキャラクターに思えなかったです。

ストーリーも酷かったですけど、一番衝撃的だったのは銃撃戦に出てくる銃が素人目にもモデルガンだと分かったこと。
そして、銃撃戦の音があまりに軽かったことです。

それに加えて変だったのは、銃撃戦で撃たれた時にSATの隊員の誰一人としてうめき声を上げない事!
まさか日本では撃たれても声を出すなって訓練されてるの?
そんなバカな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »