« ダイ・ハード4.0 | トップページ | シッコ »

2007年9月 1日 (土)

アンフェア the movie

Unfair_the_movie 人間関係だけでドンデン返し!

■あらすじ■

警視庁公安部総務課に異動した警部補・雪平(篠原涼子)は、警察内部の不正が書かれているという極秘文書を探っていた。

そんなある日、自宅の駐車場で車が爆発し、娘の美央(向井地美音)が大怪我を負ってしまう。
警察病院に搬送された娘を見届け、そこをあとにする雪平。

だが、その直後、病院は謎のテロリスト集団に占拠されてしまう。
彼らは、“警察庁が機密費を不正流用してプールした裏金80億円を2時間以内に用意せよ”と要求、さらにこの時来院中だった警察庁長官も人質となってしまう。

警察側は長官救出を最優先としてSAT(テロ対策特殊部隊)の突入を決断。
一方、雪平は事件に巻き込まれた娘を救い出そうと行動を起こすのだが・・・。

(2007/日本) ☆

-----------------------------

ドラマは見ていませんが、ひどい映画でした。
これは2時間ドラマのレベルなんじゃないですか??
お金もかけていないし、脚本もお粗末。

そんなにドンデン返しものがやりたいなら、ちゃんとした伏線を張ってください!!

伏線も何も無く、実はこの人とこの人は裏でつながっていて・・・なんて出てきても、見ていてちっとも面白くないのです。
それが何度も繰り返されるのだから、たまったものじゃない。

裏切りに続く裏切りの連続なので、登場人物も薄っぺらく感じられました。
戸田(成宮寛貴)なんて、思い切り捨て駒・・・。
必要なキャラクターに思えなかったです。

ストーリーも酷かったですけど、一番衝撃的だったのは銃撃戦に出てくる銃が素人目にもモデルガンだと分かったこと。
そして、銃撃戦の音があまりに軽かったことです。

それに加えて変だったのは、銃撃戦で撃たれた時にSATの隊員の誰一人としてうめき声を上げない事!
まさか日本では撃たれても声を出すなって訓練されてるの?
そんなバカな!

|

« ダイ・ハード4.0 | トップページ | シッコ »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/16431444

この記事へのトラックバック一覧です: アンフェア the movie:

« ダイ・ハード4.0 | トップページ | シッコ »