« オリヲン座からの招待状 | トップページ | SAW〈ソウ〉 4 »

2007年11月15日 (木)

ディスタービア

Disturbia ご近所さんは殺人者?

■あらすじ■

父親を交通事故で亡くして以来、自暴自棄になっているケール(シャイア・ラブーフ)は、学校で教師を殴る事件を起こしてしまう。

その結果、裁判所から3ヶ月間の自宅軟禁処分を言い渡され、足首に行動範囲の半径30mを越えると警察へ通報される監視システムを取り付けられる。

暇を持て余したケールは、退屈しのぎに近所の覗き見を始める。
ある日、裏手に住むターナー(デヴィッド・モース)が連続行方不明事件の容疑者と同じ車に乗っていることに気づく。

親友のロニー(アーロン・ヨー)と隣に引っ越してきたアシュリー(サラ・ローマー)も交え、ターナーの行動を監視することにするが。。。
そんなある晩、血まみれのゴミ袋を引きずるターナーの姿を目撃する・・・。

(2007/アメリカ) ★★★

----------------------------

深読みしすぎたっっ!

前半部分はきっと 伏線を張り巡らせているのだろうと、ケール親子の交通事故にも「実は!」な理由があるのだと思い込んで見てました(笑)。

普通に自動車事故って言うよりも、恣意的な感じを受ける映像だったしさ・・・。
でも、事故以外の何モノでもなかった。。。なぁ~んだ。

という訳で、これから観る人はオープニングのカー・クラッシュに気を取られないで下さいね~!(笑)

で、肝心の本編はと言うと・・・

※以下、【ネタバレ有】…未見の方はご注意ください。

自宅を中心に半径30mという限られた空間内で、どうやって展開していくのか興味があったけど、何のことはない。
友達が登場して、カメラは堂々と境界線を越えて行くのでした。

裏手に住むターナーの行動を見張る、ケール、ロニー、アシュリーの「チーム覗き見隊」。
一方、覗かれていることを察知しているかのようなターナー。

ケールの母親(キャリー=アン・モス)に近づいたり、アシュリーに警告を発したり、充分怪しいけどシッポは出さない。

しばらくは、怪しい!でも証拠がない!とすったもんだを繰り返すけど、遂に犯人の確証を得るに至ると一気にサスペンスフルな展開に!

観ている方も、「やっぱり!(この人が犯人だったのね)」と納得も出来るし、映画も盛り上がる。
だけど、その後が納得いかないのです。

何故に映画の主人公って犯人が判明した後に、無謀にも敵のアジトへ向かっていくのでしょうか(笑)。

そうしないと話が進まないのは分かるけど、納得できる動機付けが欲しいです。
今回の場合は、「母親を助け出す!」というものでしたが、警察に任せても良さそうなのに・・・。

あと、おっちょこちょいなロニーやイジワルな警官、怪しげなターナーさんなど、キャラクター造形が定形型で魅力に乏しいのは残念かも。

主役のシャイア・ラブーフは同年代の俳優を差し置いて、主役の座をゲットしただけあって演技力は申し分ない気がします。
だからって魅力的かと問われると、返答できないのですが・・・。
ごめんなさい(笑)。

|

« オリヲン座からの招待状 | トップページ | SAW〈ソウ〉 4 »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

今晩は!

ヒッチコック作品好きなもので「裏窓」を使っておきながら
この程度かと軽くむかついた作品です。
肝心の「裏窓」の演出を隣の女の子えお覗くのしか使っていないのが
気に入らないし無駄に長い隣の女の子へのアプローチととにかく無駄な
演出が多すぎで、最初からターナーさんが犯人だというのが前提なので
サスペンスとしても盛り上がらないんだよね、これで全米興業収入
3週連続1位だって言うのがなんかね~
双葉さんも指摘してるけどオープニングが全く作品に関係ないのが
意味分からないです。
教師を殴った原因だろうけどオープニングでいかにも重要そうに描く
ことでもないでしょう

投稿: せつら | 2007年11月18日 (日) 22時52分

>せつらさん

こんばんは!
コメント、ありがとうございます。

「裏窓」!!
以前から観たいと思ってたんですけど、いまだ未見なのでした。
やっぱり面白いのですね~。
今度、時間が出来たらDVD借りてきます!

せつらさんは主人公のおバカぶりにお冠みたいですね。
私は友達のロニーの無能さに腹が立ちました。
ああいう、頭の悪い演出はイライラします。

女の子のエピソードは完全に要らなかったと思うけど、アメリカ的には入れとかないといけない要素なんでしょうね。

ターナー犯人説を前提にストーリーが進むけど、もったいぶって白黒つけずに、
これでターナーさんが犯人じゃなかったら取り返しがつかないな~ってところまで引っ張ってましたね(笑)。

ターナーさんの豹変と共に映画が急に盛り上がるので、これから面白くなるんだと期待したのに、主人公がターナー宅に乗り込むので一気にテンション下がりました。
アホや~。

でも、ターナーさんも死体隠しすぎでしたよね!(笑)
猟奇的なものを狙いすぎてて、チープな感じが一気に出ちゃいました。

投稿: 双葉 | 2007年11月20日 (火) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/17077676

この記事へのトラックバック一覧です: ディスタービア:

» 『ディスタービア』 [La.La.La]
 制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:104分  原題:DISTURBIA  配給:角川エンターテイメント  監督:D・J・カルーソ  主演:シャイア・ラブーフ      キャリー=アン・モス      デヴィッド・モース      アーロン・ヨー 最愛の父親を自動車事故で亡くして自暴自棄になったケールは、学校で 暴行事件を起こし、裁判所から3ヶ月間の自宅軟禁処分を言い渡される そして、半径30メートルを超えると警察に通報され... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 22時47分

« オリヲン座からの招待状 | トップページ | SAW〈ソウ〉 4 »