« ヘアスプレー | トップページ | クワイエットルームにようこそ »

2007年11月 2日 (金)

ブラックブック

Black_book 不幸を呼ぶ女。

■あらすじ■

1944年、ナチス占領下のオランダ。
美しいユダヤ人歌手のラヘル(カリス・ファン・ハウテン)は、ナチスから逃れるため一家で南部へ逃亡する。
しかし途中、待ち伏せしていたドイツ軍によって家族全員を殺害される。

レジスタンスに救われたラヘルは、ユダヤ人であることを隠すため髪をブロンドに染め、名前をエリスと変えて彼らの活動に参加する。
彼女はその美貌を武器にスパイとしてドイツ人将校ムンツェ(セバスチャン・コッホ)に近づいていくが・・・。

(2006/オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー) ★★★

----------------------------

「さげまん」と言うよりも、死神に取り憑かれている(?)かのように、関わった男たちが次々と死んでいってしまう主人公。
ただ単に男運が悪いんじゃ無くて、彼女には不幸が付きまとっているのだ・・・。

けれども、本人のあっけらかんとしたサバサバした性格のため、陰鬱な不幸臭はしない。
しかも、すぐ脱ぐから(生きるために) 男たちもほっとかないんだよね。

スパイ物らしい、いつ正体がバレるのかって言うスリルは いつしかどうでも良くなっていき、禁断のラブストーリーに発展。
そうかと思えば、悲恋モノに早変わりして、終いには裏切り者は誰だ!?って言う展開の映画になりました。

エリスの運命は目まぐるしいですね(笑)。

それに、ナチの将校と寝なくてはいけない悲劇のユダヤ女性のはずが、途中から実はイヤじゃなかったのねってことが分かり、ちょっとシラケてしまいました。
どうりで葛藤がないわけだ。

この人怪しいな~って思ってた人がレジスタンスに不自然に関わってくるのも、裏切り者が容易に推測出来る展開。
けど、その上さらに!!な展開は予想外。

個人的にはその展開は止めた方が良かった気もします。
最初から出来レースで踊らされていただけになっちゃうし。

今回、とにかく主演の女優さんが体を張っていて、いろいろ大変そうでした。
ヌードシーンはまだいい方だもの~。
女優さんって大変だなーってつくづく思った(笑)。

|

« ヘアスプレー | トップページ | クワイエットルームにようこそ »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

今晩は!今度はTBうまく送信できました。
そうそうパーフェクトストレンジャーTB届いてましたよこちらからは
送れないのに申し訳ないです。
さてこの作品だけどとにかく主演を張ったカリス・ファン・アハウテン
さんの体当たり演技が素晴らしかったです。
裸になることも多かったけど何より2回から飛び降りたり
あれをかぶったり・・・あのシーンは本物だそうです
女優根性を堪能させられました

投稿: せつら | 2007年11月 4日 (日) 20時22分

>せつらさん

こんばんは!
TB&コメント、ありがとうございます!

ナチの将校(ムンツェ)を悪役に描かないのも意外でしたけど、なんと言ってもこの映画は主演のカリス・ファン・アハウテンの演技に尽きますよね~。
本当、彼女はスゴイです。

>あれをかぶったり・・・あのシーンは本物だそうです

え、「あれ」って「汚物」のシーンの事ですか?
ええっ!本物なんですか?
す、スゴすぎる!!

映画は臭いまで伝わらないので本物使うことないのに、あえて本物を使ってシゴク監督も非道だけど(笑)、それに応えた女優根性に恐れ入ります。

投稿: 双葉 | 2007年11月 5日 (月) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/16948499

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックブック:

» 『ブラック・ブック』 [La.La.La]
 制作年:2006年  制作国:オランダ・イギリス・ドイツ・ベルギー  上映メディア:劇場公開  上映時間:144分  原題:BLACK BOOK  配給:ハピネット  監督:ポール・バーホーベン  主演:カリス・ファン・ハウテン      セバスチャン・コッホ      トム・ハフマン      ミヒル・ホシマン 44年、ナチス・ドイツ占領下のオランダ。ナチスに家族を殺されたラ ヘルはレジスタンスに身を投じ、ナチス内部の情報を探るためナチス 将校・ムンツェに近付く... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 20時16分

« ヘアスプレー | トップページ | クワイエットルームにようこそ »