« アース | トップページ | 28週後... »

2008年1月30日 (水)

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

Sweeney_todd ラベット夫人のパイの味。。。

■あらすじ■

19世紀のロンドン。
フリート街で理髪店を営み、妻と娘と幸せに暮らすベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)。
だが彼はある日、妻に横恋慕したターピン判事(アラン・リックマン)によって無実の罪で流刑にされてしまう。

そして15年後。
脱獄に成功したベンジャミンは“スウィーニー・トッド”と名を変え、街に戻ってくる。
しかし、パイ屋の女主人ミセス・ラベット(ヘレナ・ボナム=カーター)から、妻はターピンに追いつめられた末に自殺し、娘は幽閉されている、という驚愕の事実を知らされるのだった。

ミセス・ラペットの協力を得て、スウィーニーはターピン判事へ復讐するため、理髪店を再開するのだが・・・。

(2007/アメリカ) ★★★

-----------------------------

ティム・バートン監督とジョニー・デップのゴールデン・コンビ5作目。
ティム・バートンのコープスブライド 」も入れたら、6作目?

「ティム・バートンのコープスブライド」では、ジョニーの歌は聴けませんでしたが、今回はばっちりジョニーの歌を堪能できます!
演技も出来て、歌も歌えて、本当に何でもできる人だなぁ。

そんな訳で、ミュージカル映画なんだけど、「ヘアスプレー」のようなポップでキュートな路線からは大きく外れて、陰惨で暗いダーク・テイスト。
そして、歌うけど、踊らない!

別に、踊らなくてもいいんですけどね(笑)。

モノトーン調の映像に鮮血がドバドバほとばしり、首を掻き切るシーンも遠慮がありませんでした。

一転して、ラベット夫人の空想の世界は能天気でポップにカラフル。
そんな中、白塗りの血色の悪い顔をしたジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターが浮きまくりなのが、可愛くてオカシイ。

脱獄したスウィーニーを助ける船乗りのアンソニー(ジェイミー・キャンベル・バウアー)や、監禁されているジョアナ(ジェイン・ワイズナー)、下働きのトビー(エドワード・サンダース)、そして繰り返し登場する身なりの卑しい女・・・。

脇に登場する人物たちも物語の重要な役割を果たしていて無駄が無いのですが・・・どうもバタバタした感じが否めないです。
時間が足りなかったのかな。

それとも、やはり歌に時間が取られてしまったのかな。

あ、でも、ボラットこと、スウィーニーのライバル理髪師のピレリ(サシャ・バロン・コーエン)は、思っていたより出番が少なくてよかった~(笑)。

復讐は何も生まない。
結局、最後までカタルシスは得られず、寒々とした空気だけが残りました。

人肉パイの衝撃は「タイタス」で経験済みだったしね。

そう言えば、「世界で一番パパが好き!」でおしゃまな娘が学芸会で演じたがるミュージカルが、この「スウィーニー・トッド」でした。

|

« アース | トップページ | 28週後... »

Cinema 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/17895102

この記事へのトラックバック一覧です: スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師:

» 映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Sweeney Todd:The Demon Barber of Fleet Street 観てしまったぁぁ猟奇連続殺人事件、伝説の殺人理髪師スウィーニー・トッドのブロードウェイミュージカル版をもとにした映画で遂にジョニデが歌い上げる・・ 19世紀のロンドンはフリート街で理髪店を営むベンジャミ... [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 01時00分

« アース | トップページ | 28週後... »