« ジェシー・ジェームズの暗殺 | トップページ | アース »

2008年1月21日 (月)

レンブラントの夜警

Nightwatching ピーター・グリーナウェイ監督流、レンブラントの夜警解説。

■あらすじ■

1642年のオランダ、アムステルダム。
35歳のレンブラント(マーティン・フリーマン)は、いまやヨーロッパ中にその名をとどろかせる一流の肖像画家となっていた。

妻のサスキア(エヴァ・バーシッスル)はマネージャーとしての手腕を発揮し、ビジネス面でレンブラントを強力に支え、私生活でも待望の男子を授かるなど、まさに栄華を極めた日々を送っていた。

そんな中、彼のもとにアムステルダムの市警団から集団肖像画製作の依頼が舞い込む。乗り気のしないレンブラントではあったが、サスキアのとりなしもあり引き受けることにする。

そして渋々ながらも、これまでと同様、注文主の内面をも描き出すべく、彼らの身辺に深く踏み込んでいくレンブラントだったが・・・。

(2007/カナダ・ポーランド・オランダ・イギリス・フランス・ドイツ)★★

----------------------------

寝不足状態で鑑賞したため、ちょっと寝てしまいました。
基本的に映画館で映画を観るときは、どんなにつまらなくても寝たりしないように心掛けているのですが、、、
年には勝てないですね!
体が睡眠を欲してました。。。

絵画については、とんと無知です。
以前は美術館にも行ったりしてましたが、やはり都心まで出掛けるのが億劫になり、専ら近場のシネコンで映画鑑賞です。
でも、「フリーダ」や「クリムト」など、映画を通して知った画家もいたりします。

で、今回の主役はレンブラント!
聞いたことあるけど、どんな絵画を描いた人かしら?
と言うくらいの浅薄な知識で鑑賞に望んでしまいました(汗)。

面白いというより残念だったのは、レンブラントがキャンバスに向かうシーンがほとんどなかったことでしょうか。
絵の具や筆、木炭を持つ手のアップはほとんど無くて、造形よりもレンブラント個人とその人間関係に焦点が当たっていました。

けれども、完成した絵画は大写しにされたり、接写されたりするので、本物しか映したくないと言う監督のこだわりなのかもしれません。
その割には舞台は質素でしたけど。

映画は舞台のような始まりで、屋外のシーン以外はほとんど舞台セットのような感じ。
カメラアングルもアップが多用され、少し取っ付きにくかったです。
しかも、途中にレンブラント自身の解説?があったりして不思議な感じ。

オープニングの「赤」と「黄色」の説明のシーンは、舞台演出が効果的で良かったです。

夜警団の陰謀うんぬんの件は、ちょっと寝てたので誰が誰だかよく分からなかったんですけど(冷汗)、絵画で告発を行うのとレンブラントに関係してくる3人の女性とのエピソードなどなど、詰め込みすぎな印象も持ちました。

これが書籍だったら、分からないところを何度も読み返して確認出来るけど、映画は止まってくれないので寝たらダメですね(反省)。。。

とりあえず、監督のウンチク自慢の情熱はすごく伝わってきたんですけど、絶えず置いてけぼりな感じでした。

|

« ジェシー・ジェームズの暗殺 | トップページ | アース »

Cinema 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/17770742

この記事へのトラックバック一覧です: レンブラントの夜警:

» 見る前に予習すべし【レンブラントの夜警】 [犬も歩けばBohにあたる!]
私が敬愛する映画監督の一人、ピーター・グリーナウェイ大先生の最新作 『レンブラン [続きを読む]

受信: 2008年1月23日 (水) 14時46分

« ジェシー・ジェームズの暗殺 | トップページ | アース »