« ★謹賀新年★ | トップページ | 殺しのドレス »

2008年1月 2日 (水)

キサラギ

Kisaragi ノリだけで突っ走る!

■あらすじ■

マイナーなグラビアアイドル、如月ミキ(酒井香奈子)が焼身自殺を遂げてから1年が過ぎ、
彼女のファンサイトでは一周忌のオフ会を開催することになった。

集まったのは、サイト管理人の家元(小栗旬
サイトの常連、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア
スネーク(小出恵介
安男(塚地武雅
いちご娘(香川照之)という5人の男たち。

ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。
それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。

そして、オダ・ユージの「彼女は殺されたんだ」という発言を境に、彼らはミキの死の真相を巡って怒涛の推理を展開していく・・・。

(2007/日本) ★★★★

----------------------------

新年1発目から、昨年の残り記事でスミマセン(汗)。

日本のワン・シチュエーション密室推理劇と言えば、「12人の優しい日本人」!
これも面白いですよね~。トヨエツが若いです!(笑)

話を戻して「キサラギ」は、アイドル如月ミキの死の真相を探る密室推理劇。
オダ・ユージが自殺ではなく他殺だと唱えたことから、話はあらぬ方向へどんどん転がっていき・・・。

5人の男たちが、自分だけが知っている“ミキちゃん情報”を小出しして、如月ミキの自殺説は2転3転・・・。

最終的に真実に辿り着くまでの過程がなかなか面白い!

それなのに、ラストでぶち壊し!(笑)
狙ってのことなのでしょうが、これは良かったのかどうなのか。

結局、真相は藪の中。
ガックリですよ!

個人的には宍戸錠は出てこなくて良かったし、ミキちゃんの顔も出てこなくても良かった。

これを見てラストにフラストレーションを覚えた方には、
ラストも上手くまとまっている「12人の優しい日本人」をオススメします(笑)。

|

« ★謹賀新年★ | トップページ | 殺しのドレス »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/17536449

この記事へのトラックバック一覧です: キサラギ:

« ★謹賀新年★ | トップページ | 殺しのドレス »