« ボーン・アルティメイタム | トップページ | 再会の街で »

2008年1月 5日 (土)

しゃべれども しゃべれども

Shaberedomo 三白眼と大阪弁とマスク。

■あらすじ■

東京の下町。
うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉(国分太一)はひょんなことから落語教室を開くことになる。
生徒は、美人だが無愛想で口の悪い十河五月(香里奈)、
関西弁のためクラスになじめない少年・村林(森永悠希)、
そして、元野球選手の湯河原(松重豊)。

3人は言い争ってばかりだったが、少しずつ上達していく。
そんなある日、村林はいじめっ子と野球対決をして負けてしまう。
悔しがる村林に、いじめっ子を落語で笑わせてやれ、と三つ葉は提案するが・・・。

(2007/日本) ★★★

----------------------------

十河五月(トカワ サツキ)役の香里奈の三白眼にビックリしました!
登場からずっとムスッとした顔をして、女優は顔が命なのに頑張ってるな~と、感心。
最後の方に2回、飛び切りの笑顔を見せて、美人女優の面目躍如でしたけどね。

無愛想なサツキ、大阪弁を話す村林少年、口下手な湯河原と言った個性的な話し方教室の生徒の面々。
対して、彼らを教える落語家の三つ葉は、いたってナチュラル。
その対比が効果的だったし、村林少年の頑張りも良かった!

言葉を話すこと。
気持ちを伝えること。

単純だけど難しくて、もどかしい行為。

話し方教室に通ううちに、ちょっとずつ心も変化していく過程は上手く描かれてました。

サツキと村林少年の落語対決までは良かっただけに、そこで終われば良かったのにな~。

なんとなく予感はしてましたが、ラストに三つ葉とサツキの恋愛模様が描かれてガックリ。
しかも、一緒に住むかって・・・。オイオイ・・・。

なんだか、ラストにゲンナリしてしまい、
非常に勿体無い作品でした。。。

|

« ボーン・アルティメイタム | トップページ | 再会の街で »

Cinema 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/17551337

この記事へのトラックバック一覧です: しゃべれども しゃべれども:

« ボーン・アルティメイタム | トップページ | 再会の街で »