« 人のセックスを笑うな | トップページ | デイ・ウォッチ »

2008年2月14日 (木)

君のためなら千回でも

Kite_runner 僕は君の誓いに応えられただろうか。。。

■あらすじ■

1970年代のアフガニスタン。
裕福な家の一人息子アミール(ゼキリア・エブラヒミ)は、召使いの息子ハッサン(アフマド・ハーン・マフムードザダ)と凧遊びをしたり、兄弟のように仲よく暮らしていた。

ところが12歳の冬の日。
恒例の凧あげ合戦のあとに、ある事件が起きる。
以来、アミールは少年ゆえの潔癖さと後ろめたさからハッサンを遠ざけてしまう。

やがて、ソ連がアフガニスタンに侵攻。
2人の関係は修復されることなく、アミールと父親(ホマユン・エルシャディ)は米国に亡命する。

時は流れ、2000年のアメリカ、サンフランシスコ。
小説家となったアミール(ハリド・アブダラ)の元に、父親の親友ラヒム・ハーン(ショーン・トーブ)から「まだやり直す道はある」と電話が入る・・・。

(2007/アメリカ) ★★★★☆

-----------------------------

「チョコレート」や「ネバーランド」のマーク・フォースターが監督!
ブログ内記事では「STAY/ステイ」「主人公は僕だった」の監督さん。
やっぱり、いい映画を撮るね!

予備知識を持たずに観に行ったのですが、映画の余韻がものすごかったです。

ハッサンの手紙のシーンでも泣いちゃったけど、ラストシーンの最後の一言がとどめ。
エンドロールでも、ハッサンのことを思うと涙がこぼれてきてしまって、映画の余韻がしばらく続きました。

全米300万部突破の大ベストセラーとなった小説の映画化なんだそうですが、映画ではあまり見ないアフガニスタンが舞台。

しかも、戦場がテーマなのではなく、
誰しもが心に抱えている後悔の念や罪の意識、そして、その贖罪がテーマになっています。

子供時代の取り返しの付かない過ち。
もう1度やり直すために、タリバン独裁政権下のアフガニスタンに単身乗り込む主人公アミール。

タリバンの本拠地に乗り込んだりする無謀な行動に、どうやってこの局面を打開するの?って思ったりしたけど、最後はやっぱり逃走(笑)。
それで助かるのは映画だからって気もしましたが、脚本がよく練られていて感心しました。

いじめっ子の1人の性的嗜好が・・・とか、
タリバンの1人が実は・・・とか、全部つながっているんだよね。

アミールの父親の高潔な人柄も良かったし、
友に忠実なハッサンの性格も良かった。

アミールもハッサンも、アフガニスタンの子供たちの顔は大人びていて、小さなおっさんみたいです。
私たちとは、経験している苦労が違うんだろうね。

亀も空を飛ぶ」の子供たちを思い出すなぁ。。。

|

« 人のセックスを笑うな | トップページ | デイ・ウォッチ »

Cinema 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/40105859

この記事へのトラックバック一覧です: 君のためなら千回でも:

» 映画「君のためなら千回でも」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Kite Runner なるほど最後まで見たときに、これは満足度1位でもいいのかな・・原作は全世界で800万部以上の小説、ドキュメンタリー的過去の過ちを悔い改める映画・・ 小説家となったアミール(ハリド・アブダラ)のもとに一通の手紙が届く、時は遡り、1970年代の... [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 01時33分

» 映画* 君のためなら千回でも /Kite Runner [有閑マダムは何を観ているのか?]
難民として、とるものもとりあえず母国を脱出し、一生戻れないというのは、どれほどのものを失うのだろう? 財産、家、社会的地位や職業、友達や親戚、時に家族・・・・。 もちろん、その国がどれほど危険な状態に陥ろうとも、脱出することが不可能なまま危険に身を晒す事にな... [続きを読む]

受信: 2008年2月18日 (月) 15時19分

» 【2008-46】君のためなら千回でも(The Kite Runner) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? この誓いは今、君に届くだろうか [続きを読む]

受信: 2008年3月 6日 (木) 23時42分

» 『君のためなら千回でも』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「君のためなら千回でも」□監督 マーク・フォースター □原作 カーレド・ホッセイニ □脚本 デヴィッド・ベニオフ □キャスト ハリド・アブダラ、ゼキリア・イブラヒミ、アーマド・カーン・マーミジャダ、ホマユーン・エルシャディ、ショーン・トーブ、アリ・ダネシュ・バクティアリ、アトッサ・レオーニ■鑑賞日 2月27日(水)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 人の運命は当人たちの思いも寄らぬところで大きな壁になり、全てを失った... [続きを読む]

受信: 2008年3月 7日 (金) 12時40分

» 「君のためなら千回でも」 [手焼きせんべい処風林堂店長の相模原徒然]
 とても、心に浸みる作品でした。 原題は「The KiteRunnner」という [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 22時55分

» 「君のためなら千回でも」懐かしくないのに心を揺らす風景がある [soramove]
「君のためなら千回でも」★★★★オススメ マーク・フォスター監督、アメリカ、2007年、168分 アフガニスタンの混乱振りを 相変わらずTVで見ていると この映画の主人公が少年だった頃の 美しい街が夢のようだ。 凧合戦の凧を少年たちが追っていくと カ...... [続きを読む]

受信: 2008年3月11日 (火) 07時40分

« 人のセックスを笑うな | トップページ | デイ・ウォッチ »