« シルク | トップページ | ラスト、コーション »

2008年2月 5日 (火)

アメリカン・ギャングスター

American_gangster ブルー・マジックでブルーな気分。

■あらすじ■

1968年、ニューヨーク。
フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ハーレムの黒人ギャングのボス、バンピーに長年仕えてきた。
バンピーの死後、元締めのイタリア・マフィアを出し抜き、東南アジアから純度100%のヘロインを直接仕入れる独自ルートを開拓。

それらを“ブルー・マジック”のブランド名で市場へ売りさばき、組織を身内の人間で固め、麻薬ビジネスを成功させる。
フランクは瞬く間に麻薬王として君臨するが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。

一方、ニュージャージーの警察に所属する刑事リッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は、警官の汚職がまかり通っていたこの時代に潔癖な仕事を貫いていた。
そのため、周囲から疎まれ孤立。
また私生活では元妻と息子の養育権を巡って係争する傍ら、司法の道を目指している。

そんなある時、リッチーは賄賂で買収されることの無い誠実さを見込まれ、検察官からエセックス郡麻薬捜査班のチーフに抜擢されるが・・・。

(2007/アメリカ) ★★★

----------------------------

リドリー・スコット監督にしては、いつもの重厚さがあまり感じられない作品でした。
2大スターの起用や、実話に基づく話であることが関係しているのかな?

デンゼル・ワシントンが演じるフランク・ルーカスは誠実さを兼ね備えた冷酷無比なギャングのボス。
一方のラッセル・クロウは私生活はダメだけど、職務には誠実な刑事さん。

おいしい役はデンゼル・ワシントンのほう!

どちらも誠実さを大切にしているけれど、人間的には欠点も持ちあわせていて、完全無欠のヒーローではありません。
そんなところが、映画にリアリティを持たせていましたが、あんまり引き込まれなかったです。

胸を熱くするような攻防もなければ、手に汗握るスリルもなかったし。
つまらなくは無いけど、2人が顔を合わせるまでが長~い!

やっと、対面したかと思ったら、すぐにエンディングに突入・・・。
対決って感じでもなく、淡々とストーリーが語られていきました。

フランク・ルーカスの弟の一人、派手な服装をして怒られるヒューイを演じていたのが「キンキーブーツ」でドラッグ・クイーンを演じたキウェテル・イジョフォーでした!

ラッセル・クロウは、全盛期をすぎたのかしら?
以前のようなカリスマ性やオーラがあまり感じられない。
と言うか、胴回りが…メタボ。。。←禁句?

役柄的にもガサ入れにオノを持参してたりするのが無骨で、デンゼル・ワシントンのスマートさと対極な感じでした。
そのため結局、引き立て役になってしまっていたような。。。

フランク・ルーカスを悪者として描いてないのは、すでに罪を償っているからでしょうか。
ラストで一気に悪いのはこいつらですよ!と言わんばかりに悪徳刑事が告発されていって拍子抜けでした。

それが実話なのだから、しょうがないんだけど、
何故か、こんなものなのかな・・・という不満が残ってしまった。

|

« シルク | トップページ | ラスト、コーション »

Cinema 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/17961169

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・ギャングスター:

« シルク | トップページ | ラスト、コーション »