« 28週後... | トップページ | アメリカン・ギャングスター »

2008年2月 4日 (月)

シルク

Silk やっぱり、日本はヘンだった。

■あらすじ■

19世紀のフランス。
戦地からの休暇で故郷に戻った青年エルヴェ(マイケル・ピット)は、美しいエレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と出会い、結婚する。
しかし、製糸業を営むヴァルダヴュー(アルフレッド・モリナ)から、蚕卵を入手するためアフリカ行きを依頼され、軍を退役して危険な旅に出る。

しかし、アフリカの蚕が病気にやられ、エルヴェは再び蚕卵の買い付けに行くことになる。
その行く先は、アフリカより遥かに遠い日本だった。

日本は幕末の時代。
裏で様々な取引をしているという蚕業者・原十兵衛(役所広司)が治める村へやって来たエルヴェは、十兵衛に妻として仕える絹のように美しい肌を持つ少女(芦名星)と出会い惹かれるが・・・。

(2007/カナダ・フランス・イタリア・イギリス・日本) ★★

----------------------------

ニュアンスって大事。
だけど、ニュアンスってものすごーく伝えるのが難しいもの。

この映画は、残念ながらニュアンスが伝わってきませんでした。

伝えたいことは「核」として、しっかりあるみたいなんですけど、
結局なんだったのか???

絹の肌を持つ少女・・・
初対面の時はもちろん、裸なんかじゃなくて普通に着物を着てるんだけど、なんかオカシイの!

エルヴェの茶を勝手に飲んだり、
人前なのに、ご主人様(役所広司)の膝で寝てみたり・・・。

何?この子?
エルヴェでなくとも、カルチャー・ショック!
しかも、膝枕で寝ている少女をなでなでする役所さんが気持ち悪い!!

そんな訳で、思いっきり興ざめしてしまったので、その後も全然付いて行けなかった。

でも、パンフレットを立ち読みしたら、
実はこの初対面の時に既にエルヴェと少女は惹かれあっていたらしいのです。
少女の訳分からん行動に全然納得がいきませんが。

エルヴェが差し入れされた女の子と床を共にしちゃうのを、扉越しに察して涙するところで、この子はエルヴェが好きなのね?とは思ったけど、
少女は一言も言葉を発しないので何を考えているのかサッパリ分かりません。
と言うか、なんちゅう異文化交流やねん!

でも、その後、少女はどこかに連れて行かれちゃいましたよね?
どうなったんでしょう。
私は、エルヴェのことが好きなのをご主人様に知られてしまい、お仕置きされたのかなー?と思いましたが、結局、その辺りも、よく分かりませんでした。

儚い夢、淡い恋、ほのかな揺らめき、手の届かない存在・・・

少女は、消えてしまったもの、触れられないものへの渇望が生み出した幻に過ぎないんですよね。

手を伸ばせばそこにあるのに、実体を持って存在しているのに、
心はそこに無いから、エレーヌはとてもツラかったのでしょう。

言葉は英語だし、キーラ・ナイトレイが妻なので、途中まで舞台がフランスだって気付きませんでした。
てっきり、イギリスだとばかり・・・(汗)。

でも、文芸作品らしく、映像はキレイでした。

|

« 28週後... | トップページ | アメリカン・ギャングスター »

Cinema 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/17961164

この記事へのトラックバック一覧です: シルク:

» 映画「シルク」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:SILK まるで絹の糸のように、繊細で幻想的な、これは一人の男の内に秘めたる迷い悩み憧れ、そして知る・・ゆり(Lily)の花言葉は純潔、貞操、無邪気、処女性・・ 1860年代フランス、戦場から休暇で村に戻った若き兵士のエルヴェ(マイケル・ピット)を待っていたのは村... [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 23時39分

« 28週後... | トップページ | アメリカン・ギャングスター »