« 魔法にかけられて | トップページ | デッド・サイレンス »

2008年4月 6日 (日)

ジャンパー

Jumper その能力を社会のために役立ててください。

■あらすじ■

ミシガン州に住むデヴィッドは同級生のミリー(アンナソフィア・ロブ)に想いを寄せるごく普通の高校生。
冬のある日、川に転落して溺れそうになったデヴィッドは、図書館への瞬間移動を経験する。

自分にテレポート能力があると知ったデヴィッドは、母が家を出て以来、人が変わってしまった父のもとを離れニューヨークへ行く。
そして、その力を悪用して銀行の金庫から大金をせしめ、自由を満喫するのだった。

そして、10年後。
瞬間移動で世界中を旅していたデヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)はミリー(レイチェル・ビルソン)と再会し旅行へ出掛ける。
旅先で同じくジャンパーのグリフィン(ジェイミー・ベル)に出会うが、
“ジャンパー”たちの抹殺を使命とする組織“パラディン”のリーダー、ローランド(サミュエル・L・ジャクソン)にその存在を気付かれ、つけ狙われ始めるのだった・・・。

(2007/アメリカ) ★★

-----------------------------

荒唐無稽なお話をさも当然のようにぐんぐん進めていくので、設定に違和感を感じなければ、そのまま楽しめる映画ですよね。

でも、内容は薄い(笑)。

“ジャンパー”vs.“パラディン”の構図が映画の肝なのに、パラディンがジャンパーを抹殺していく理由が「世界に悪影響を与えるから」。
説得力に乏しいったらない!

でも、地道にテレポートの穴を広げて追跡する装置を開発したりと、日夜たゆまぬ努力を続けているっぽいです。。。

途中まではそれなりに面白かったんですけど、母親(ダイアン・レイン)が出てきてからが、どんどんつまらなくなっていきました。
お父さん、可哀そうですよね。
奥さんに出て行かれ、息子にも出て行かれ、最後はあんなだもん。

でも、もっと腹立たしかったのはミリー!
銀行強盗して盗んだお金を非難したりして、優等生っぽかったのに、結局最後は容認?
テレポート能力も肯定的に捉えちゃってて、恋は盲目状態。

デヴィッドは絶対、強盗したお金を返してないよね。
ちゃんと仕事して無さそうだもん(笑)。
ミリーも味をしめちゃったんでしょうね~。

それにしても、ローランドの最後を見ると続編を狙ってる気がして仕方がないですね。。。

|

« 魔法にかけられて | トップページ | デッド・サイレンス »

Cinema 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/40769157

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンパー:

» ジャンパー 観てきました。 [よしなしごと]
 昨年末から楽しみにしていた映画、ジャンパーを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 02時49分

« 魔法にかけられて | トップページ | デッド・サイレンス »