« 黒い家 | トップページ | 映画 クロサギ »

2008年4月13日 (日)

マイ・ブルーベリー・ナイツ

My_blueberry_nights 次の恋までの300日。

■あらすじ■

恋人に捨てられたエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は彼のことが忘れられず、彼の行きつけのカフェに乗り込む。
そんな彼女を慰めてくれたのは、カフェのオーナーであるジェレミー(ジュード・ロウ)と甘酸っぱいブルーベリー・パイ。

それからのエリザベスは、夜更けにジェレミーと売れ残りのパイをつつくのが日課になる。

しかしそんなある日、彼女は突然ニューヨークから姿を消す。
恋人への思いを断ち切れずにいたエリザベスは、あてのない旅へとひとり旅立ったのだった・・・。

(2007/香港・中国・フランス) ★★

--------------------------

ウォン・カーウァイ監督初の全編英語作品で、とにかくキャストが豪華!
でも、内容は無さそうなので、あんまり期待しないで見てみた。

うん。期待しないで観て、正解でした。
本当になんも無かったー!

いや、あるにはあるけど、なんだかな~。
ストーリーが繋がってないような印象なんだよね。

エリザベスとジェレミーの恋愛軸がしっかりしてないから、恋愛映画と呼ぶにはもろすぎる印象。
エリザベスがニューヨークを離れ、メンフィス、ラスベガスへと旅するロードムービーとも呼べない。
失恋から立ち直る成長物語って程でもないし、どれもこれもが中途半端。

かと言って、ひとつひとつのエピソードが悪いって訳ではないのです。
別れた妻(レイチェル・ワイズ)を今でも愛し続けているアル中の警察官アーニーを演じたデヴィッド・ストラザーンの演技はとても良かったし、孤独なギャンブラーを演じたナタリー・ポートマンもチャーミングでした。

それぞれ味のあるエピソードではあるのですが、残念ながら心に響かなかった。。。
ラストに向かって繋がっていくようなエピソードでもないし、主人公のエリザベスに与えている影響が不透明だからかな。

後に何も残らない映画でした。

誰も突っ込まないけど、ジェレミーってちょっと変態ちっくですよね(笑)?
仲良くなったお客さんの唇を寝ている隙に奪って、そのビデオを何回も巻き戻して観ているんですよ?
居なくなった後もずっとずっと好きで、電話で行方を捜したりとなかなかの執着ぶり。
これがどうもジュード・ロウのイメージに似合わないんだな~。

まぁね、ジュード・ロウにこんなに想われていたら嬉しいけどね。
現実には無いじゃん?とか思ってしまって、イマイチ ハマれなかった。

せめて、ジェレミーがエリザベスに惹かれて行く過程がしっかり描かれていれば良かったんだけど、気付いたらキスしてるんだもん!
オイオイって感じでした。。。

そう言えば、1回目にジェレミーが寝ているエリザベスにキスした後、エリザベスは唇をかみ締めるシーンがありましたよね。
その後、キスされたことをエリザベスは覚えてないって言っていたけど、本当は気付いていたんだと思います!

最後にまた同じようにキスされて、今度はそれに応えますよね。
その時、やっぱり気付いてたんだな~って思ったんですけど、
結局、この映画って、エリザベスがジェレミーのキスに応えられるようになるまでに300日かかったというだけの話なのですね。

|

« 黒い家 | トップページ | 映画 クロサギ »

Cinema 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/40930084

この記事へのトラックバック一覧です: マイ・ブルーベリー・ナイツ:

» 映画「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:My Blueberry Nights 疾走する電車とカフェ・・ブルーベリー・パイの味は、あなたに近づくための5,603マイルの旅・・恋する気持ちを旅で埋め、新たな恋に踏み出す勇気を繋ぐ旅・・・ 通りの向かいのカフェ、道路を横断すればいいだけなのに、甘酸っぱいブルーベリー・パ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 01時49分

« 黒い家 | トップページ | 映画 クロサギ »