« ヒットマン | トップページ | ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 »

2008年5月17日 (土)

痛いほどきみが好きなのに

Hottest_state 二十歳のオトコのコの頭の中は・・・。

■あらすじ■

ニューヨークに暮らす俳優の卵、ウィリアム(マーク・ウェバー)。
気ままな毎日を送る彼は、ある日、行きつけのバーで、シンガーソングライター志望のサラ(カタリーナ・サンディノ・モレノ)と出会う。

自分でも不思議なほど、サラに心奪われてしまったウィリアム。
サラもまたウィリアムに惹かれていくが、過去の辛い失恋の記憶からサラはセックスを拒んでしまう。

そこで、ウィリアムは映画の撮影に便乗して、サラをメキシコ旅行に誘うが・・・。

(2006/アメリカ) ★★★

-----------------------------

一応、イーサンのファンなので、
自伝的小説と言われている、イーサンの処女作「痛いほどきみが好きなのに」は、かなり昔に買って読みました!
でも、あんまり主人公が好きになれなかったんだよね。

イーサン・ホークの初監督作「チェルシーホテル」も劇場に観に行きましたが、お世辞にも面白いとは言えなかった・・・。。

でも、今回の作品は「チェルシーホテル」より面白く鑑賞できました。
ちゃんとストーリーを追えたし、音楽も良かった。

小説で読んだ時は(若かったからかな?)面白いと思えなかったけど、映画で見ると若気の至りが大爆発していて、青臭さがステキ(笑)。

ほんと、イーサンってロマンチストだなぁ~。

視線や仕草だけでは思わせぶりで、
言葉だけでは物足りなくて、
体を重ねて一つにならなきゃ不安でたまらない。

ま、不安だけでなく、性欲も有り余ってるんでしょうけどね(笑)。

セックスして、心も体も手に入れたいウィリアムと、
セックスしたら、好きになりすぎてしまうのが怖いサラ。

一線を越えるか越えないかって、やっぱりすごく重い決断だよね。

こういう時に、本能で動く男と理性が働く女の違いが出る気がします。

映画を見てると、どっちの気持ちも分かる。
特にウィリアムは、サラにぞっこんだっただけに、急に冷たくされる仕打ちは堪えただろうな。。。

舞い上がって、空回りして、愛し方が分からない。
不器用な青春の1ページ。
今はもう、ほろ苦い思い出だけど、きっと一生忘れることのない恋。

二十歳の役なのだから、もうちょっとフレッシュな若い俳優さんを使ってほしかったのが、ちょい残念。
主演の2人、マーク・ウェバーとカタリーナ・サンディノ・モレノは、どう見ても二十歳に見えません!

イーサンはウィリアムの父親役で出演もしてます。
ちなみにウィリアムの母親役は、演技派のローラ・リニー
ウィリアムの元カノには、ミシェル・ウィリアムズ

主演の2人よりも脇役に存在感のある俳優さんが使われてます。
出番はちょっとしかないけど。。。

|

« ヒットマン | トップページ | ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 »

Cinema 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/41309067

この記事へのトラックバック一覧です: 痛いほどきみが好きなのに:

« ヒットマン | トップページ | ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 »