« 崖の上のポニョ | トップページ | ベガスの恋に勝つルール »

2008年7月29日 (火)

ハプニング

Happening 一緒にティラミスを食べたらダメですか?

■あらすじ■

フィラデルフィアの高校教師エリオット(マーク・ウォールバーグ)が、アメリカ全土からミツバチの姿が消えた話を授業でしていたある日のこと。

ニューヨークのセントラルパークでは人々が突然時が止まったかのように立ちつくし、中には唐突に自らの命を絶つという事態が発生。
また、とある工事現場では作業員たちが次々とビルの屋上から身投げする不可解な惨事が起きる。

この異常現象はアメリカ全土へ拡がりをみせ、多数の犠牲者を生んでいく。
エリオットは妻のアルマ(ズーイー・デシャネル)を連れて避難するが・・・。

(2008/アメリカ) ★★★

----------------------------

期待しては裏切られ、それでもついつい足を映画館に向けてしまうのは「シックス・センス」の呪縛でしょうか。

そんなM・ナイト・シャマラン監督の最新作、早速見てきましたー。

強烈だったのは、“何か”のウィルスによって人々が自死して行くシーン。
ヘアピンだったり、銃だったり、飛び降りだったり、首吊りだったり・・・。

「自死」ってところがポイントですよね。

例えば「28日後...」なんかでは、ウィルスによって暴力化してしまいゾンビみたいになって、咬まれると「感染」。
人が人を襲う。
襲い掛かってくる恐怖って言うのがあったけど、この映画では全く違って見えざる“何か”と対峙する。

見えない“何か”。
得体の知れない、理由の分からない恐怖。

人々は普段、習慣や法律、道徳観念に基づいて日常生活を送っているけど、それが通用しない世界に放り込まれると途端にパニックを起こしてしまう。
そんな非日常世界に結構、引き込まれてしまいました。

ジェームズ・ニュートン・ハワードの不気味な音楽も、終始映画を盛り上げていて良かった!

でも、それじゃあ話にならないと思ったのか、早い段階で植物の異変について言及され、植物が作り出した毒素が原因ではないかと提示されます。
人数によって攻撃目標が変わるなんて器用すぎる気がしますが、どうやら“そういうこと”らしいのです。

個人的には中途半端な説明ならいなかったなーって思います。
あんまり理論的な説明を加えると、辻褄が合わなくなって破綻しそうな感じなので。

絶望的な中でも妻を思うエリオットの姿勢に愛情も感じましたが、いかんせん妻アルマのキャラクターが不可解でした。
なんで、あそこまで悪く言われなきゃいけないのでしょう。

と言うか、そんな不貞の妻とする必要があったのかな?
結婚式で泣いていたのは、ただのマリッジブルーかもしれないし、
実際には不倫はしてないみたいだし。
嘘を付いていたのは、後ろめたかったからだろうけどさ。

ちなみに、このティラミス相手がいつもカメオ?出演しているシャマラン監督です。
前作「レディ・イン・ザ・ウォーター」でのブーイングがすごかったからか、今回は声のみの出演でした(笑)。

|

« 崖の上のポニョ | トップページ | ベガスの恋に勝つルール »

Cinema 2008」カテゴリの記事

コメント

双葉さんこんにちは!

DVD鑑賞しましたよ、出だしも謎めいていて自殺の描写も強烈で
楽しめたんだけど、中盤あたりで謎を判明させちゃったのは
私も早いと思いました。
こういう作品って謎が謎のママだから面白いのにね、奥さんの
演出もあれでは最後の二人の会話に説得力が無くてなんか薄っぺらでしたね

投稿: せつら | 2009年1月12日 (月) 09時38分

>せつらさん

こんばんは!
コメントありがとうございます(^-^)

自殺のシーンはどれも強烈でしたね!
自ら進んで、あんな死に方を・・・。
何に突き動かされてなのか、
理解不能の行動が恐怖を生んでいるのに、
その謎をあっさり判明させてしまったのは残念でしたよね。
後半は単なる逃亡劇になってしまったし。。。

奥さんに対する演出は酷かったですね!
私もズーイー・デシャネルは可愛らしくて好きな女優さんなのですが、
彼女の魅力がちっとも出てなくて残念でした。。。

投稿: 双葉 | 2009年1月12日 (月) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129220/42009629

この記事へのトラックバック一覧です: ハプニング:

» ハプニング [★YUKAの気ままな有閑日記★]
予告で興味を持ったので、とりあえず鑑賞してみた―【story】ある日突然、アメリカ全土からミツバチが消えるという異常現象を皮切りに、世界中の人々が突然死に至る病が蔓延し始める。人類滅亡の危機を前に世界はパニックに陥っていた。その地球危機の中でエリオット(マーク・ウォールバーグ)は家族を守るために安全な土地を目指し、迫りくる何かに追い込まれながらも、希望を捨てずに原因究明と家族のために逃避行を続けるが―     監督 : M・ナイト・シャマラン 『シックス・センス』『アンブレイカブル』        ... [続きを読む]

受信: 2008年7月30日 (水) 17時25分

» ハプニング [eclipse的な独り言 ]
 ある種、清い映画だと感じました。これはこれでありなのでしょう。ネタばれ全開です [続きを読む]

受信: 2008年7月31日 (木) 05時42分

» 【ハプニング】人類への警告 [映画@見取り八段]
ハプニング 〜THE HAPPENING〜 監督: M・ナイト・シャマラン 出演: マーク・ウォールバーグ、ズーイー・デシャネル 公開: 2008年7月 ナイト... [続きを読む]

受信: 2008年7月31日 (木) 21時45分

» 映画「ハプニング」(2008年、米) [富久亭日乗]
   ★★★★☆ 「The Sixth Sense」(1999年)のM. Night Shyamalan監督のホラーサスペンス。 Sir Alfred Joseph Hitchcockの名作「The Birds」(1963年)や Steven Allan Spielbergの「Duel」(1971年)の テイストだ。 原題は「The Happening 」。  ニューヨークのセントラルパーク。 突然人々が静止し、女性が髪飾りを自分の首に刺し自殺する。 工事現場では作業員が屋上から次々と身を投げる。 ... [続きを読む]

受信: 2008年8月 3日 (日) 11時15分

» 【2008-175】ハプニング [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 人類は滅びたいのか。 [続きを読む]

受信: 2008年8月13日 (水) 13時32分

» ハプニング [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <新宿バルト9> 監督:M・ナイト・シャマラン 脚本:M・ナイト・シャマラン 第一の兆候:言葉の錯乱 第二の兆候:方向感覚の喪失 第三の兆候:死 怖かった。 その意味ではこの映画を楽しみ(?)ました。 正確には怖いと言うより、超不気味って感じでしたが。 とにかく「これでもか」ってくらい異常な死に方を延々と観させられて、その一つ一つのグロいことグロいこと。ドキドキびくびくしっぱなしでした。 結局何が起こっていたのか判然としないままなのも座り心地の悪い気分でしたし。 きっと... [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 01時03分

» ★「ハプニング」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。 ... [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 02時57分

« 崖の上のポニョ | トップページ | ベガスの恋に勝つルール »