« 2008年9月 | トップページ | 2009年2月 »

2008年12月31日 (水)

★Cinema 2008 総決算★

今年の劇場鑑賞は、全部で77作品。
再会の街で」に始まり、「レッドクリフ part1」に終わった一年でした。

しかも、記事にアップできなかった作品も数多く、後半は諸事情により映画館に行くこともままならない日々でした。。。

そんな訳で今年は「ベスト10」の発表を見送ろうかな、と思っていたのですが、「日本インターネット映画大賞」さんから折角メッセージを頂いたので、今年も《外国映画部門》にのみエントリーしようと思います。

※ちなみに、当ブログでは『2008年劇場鑑賞作品』に限って選出しております。

2005年の投票記事はこちら→【Cinema 2005 総決算
2006年の投票記事はこちら→【Cinema 2006 総決算
2007年の投票記事はこちら→【Cinema 2007 総決算

[作品賞投票ルール]

・選出作品は5本以上10本まで
・持ち点合計は30点
・1作品に投票できる最大は10点まで

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

■作品賞■

ダークナイト」・・・5点

つぐない」・・・5点

幻影師アイゼンハイム」・・・5点

君のためなら千回でも」・・・5点

ペネロピ」・・・5点

奇跡のシンフォニー」・・・1点

潜水服は蝶の夢を見る」・・・1点

ラスト、コーション」・・・1点

「JUNO/ジュノ」・・・1点

28週後...」・・・1点

【コメント】
印象に残っている作品を10作ピックアップしました。
断然、「ダークナイト」の出来が光ってます☆

■監督賞■

★クリストファー・ノーラン・・・「ダークナイト

【コメント】
監督の作ったダークな世界観にどっぷりはまり込んでしまいました。

■主演男優賞■

★ダニエル・デイ=ルイス・・・「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
 
【コメント】
なり切りぶりが凄すぎるっ!

■主演女優賞■

★クリスティーナ・リッチ・・・「ペネロピ

【コメント】
クリスティーナ・リッチの魅力全開。ブタ鼻でも可愛かったー!

■助演男優賞■

★ヒース・レジャー・・・「ダークナイト

【コメント】
主演をあげたいほどに存在感が強烈でした。哀悼の意も込めて…。

■助演女優賞■

★シアーシャ・ローナン・・・「つぐない

【コメント】
少女特有の自意識過剰で自己中心的な世界を上手く体現してました。

■新人賞■

★タン・ウェイ・・・「ラスト、コーション

【コメント】
体当たり演技に敬意を表して。

■音楽賞■

★「奇跡のシンフォニー

【コメント】
音楽がとにかく良かった♪サントラ欲しいです!

 この内容をWEBに転載することに同意する。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

来年もなかなか映画館に行けそうにありませんが、DVDでもいいので映画鑑賞できたらいいなと思います。。。

それでは皆さま、お付き合い下さりありがとうございました!
良いお年をお迎えください(^▽^)/

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2008年12月26日 (金)

フローズン・タイム

Cashback フリーズした世界から恋が始まる。

■あらすじ■

恋人スージー(ミシェル・ライアン)との失恋から不眠症に陥った画家志望の青年、ベン(ショーン・ビガースタッフ)。
結果的に1日の時間が8時間増えた彼は、とりあえずスーパーマーケットで夜間スタッフのバイトを始めることに。

ダメダメな若者たちの吹きだまりと化した深夜のスーパーでは、イタズラばかりして時間をつぶす悪友コンビのバリーとマット、ブルース・リーおたくのブライアン、時間恐怖症のレジ係シャロン(エミリア・フォックス)たちが一緒に働いていた。

そんな中、ベンの不眠症はついに限界に達し、ある時彼は周囲が完全にフリーズした世界にただひとり身を置いていた。
そこで彼は、誰にも気づかれることなく、思いのままに美しい女性たちをデッサンし始める。

(2006/イギリス) ★☆

----------------------------

チラシがスタイリッシュで格好良いいなって思ったんだけど、監督のショーン・エリスはファッション・フォトグラファーらしい。
ふーむ、どうりで。

それにアカデミー賞にノミネートされた短編作品を長編化した作品ってのも興味を引きました。

うーん、、、でも、、、もとの短編を見てないのでなんとも言えないですけど、長編にする必要あったのかしら・・・。
尺を長くした分、展開が単調でダレてる感じです。

悪友コンビの悪ノリも面白くないし、スーパーの店長もウザイし、なにより時間を止めてしまえるのがベン一人ではなかった??という謎の人物はいったいどこへ消えたのだ。

元カノとバッタリ、パーティーで出くわしシャロンに勘違いされてしまうくだりや、個展で仲直りのラストも見え見えの展開で目新しさは全く無いです。
むしろ、あまりにも少女漫画的お決まりの展開にビックリ、うんざり。。。

見所は、いかにも商業カメラマンらしい映像の美しさです。
特にスーパーで時間をとめて女性たちをヌードデッサンするシーンと、ラストの雪のシーンは美しくてとてもキレイでした。

でも、それだけのために102分も付き合うのは、正直しんどかったです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年2月 »