« 2009年2月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年5月18日 (月)

ブラッドウルフ

Blood_and_chocolate 魔法に満ちた世界で。

■あらすじ■

ハンターに両親を殺され、ルーマニア・ブカレストの伯母のもとで育てられた人狼族の少女ビビアン(アグネス・ブルックナー)。
美しく成長した彼女は族長ガブリエル(オリヴィエ・マルティネス)の花嫁に選ばれるが、自分の意志とは無関係に進む婚姻の話に疑問を抱いていた。
そんなある日、街に出た彼女は、偶然知り合ったグラフィック・ノベル作家エイデン(ヒュー・ダンシー)と恋に落ちてしまう。

(2007/アメリカ・イギリス) ★★★☆

---------------------------

時間がなくて映画館に通えなくなってから、早数ヶ月・・・。
たまに自宅鑑賞しても、レビューにあげられなかったりなのですが、今回は頑張ってみます。
と言うのも、この映画が意外と面白かったから(笑)。

意外と言っては失礼なのかもしれませんが、見る前からタイトルからB級のにおいがしていて全然期待できなかった!
でもでも、イケメン俳優のヒュー・ダンシーと、オリヴィエ・マルティネスが出てると知り、俄然見る気になりました!(笑)
オリヴィエ・マルティネスは以前のようなフェロモンは感じられず、おじさんになってしまっていてちょっと残念でしたが、ヒュー・ダンシーはこれからの俳優さんですよね。頑張って欲しいな!

ヒロインの女の子があんまり可愛くないので、最初は残念に思っていたのですが、見ているうちにこういう映画(一応、ジャンル的にはホラーだそうです。全然怖くないですが。)には、甘いルックスの女の子よりもクールビューティー系が似合うんだと納得しました。
あと、ビビアンのいとこレイフ(ブライアン・ディック)役の俳優さんが細面で印象的でした。

で、本題の映画ですが、内容に新鮮味は無いです。
美男美女が苦難を乗り越えて結ばれる。
それが今回は人間と人狼族という種族の壁ってだけです。

最近の狼人間ものって、人狼って言うでしょうか、人間っぽさを残して変身することが多い気がしてたんですけど、この映画では本当の狼の姿に変身します。

服を着ても狼に変身できるけど、狼から人間に戻ると裸なのはお約束?なんですかね(笑)。
ファンタジーなら服も魔法の一部に含めちゃっても、、、って気がしますが。

よく分からなかったのは、ビビアンがリーダーの家系で伝説の女だとか言ってたところ。。。
そこにこだわっているわりに、詳細は省かれている印象でした。
何故、ビビアンが伝説の女なのー?
ラストでそう言うことです、となっているのもお約束ですが、知りたかったのはどうしてビビアンが伝説の女だと分かったかなんですけどね。
リーダーの家系ってのと族長の感ってだけじゃ、なんか説得力無い感じ。

原題は「Blood and Chocolate」。
なので、主人公ビビアンはチョコレート屋さんで働いています。
チョコに包装されていたリボンが、エイデンとの糸を再び結びつけてくれる演出もステキでしたが、あんまりチョコ自体に意味は無かったです。

でも、無駄にラブシーンを作ってないのは好印象!
主人公が不必要に脱いでないし。
走るシーンから始まって、後半の「走りたかったから」と答えるセリフに説得力が生まれているのも、とても良かったです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年12月 »